投稿日:2017年 06月23日(金)

★まーちゃんうーぽー平和への誓い★ 『6・23 沖縄・慰霊の日に思う』


★まーちゃんうーぽー平和への誓い★
    
ワスレテハ ナラナイ コトガアル
    
『6・23 沖縄・慰霊の日に思う』
      
    
今この時代に、どれだけの人が沖縄戦の事実を知っているのだろうか
   
あの悲しい歴史をくり返してはならない 
   
戦争を体験したおじーもおばーも、少なくなってきた
   
これからは、ぼくたちが伝えていかなければならない
   
   
  
しかし、今のこの国はどうだろう
   
まるで、悲しい歴史を忘れさり、戦争の出来る国へと向かっている 
   
日本本土を守るために、沖縄は捨石となった
    
家も畑もすべて燃やされ、多くの民が命を落とした
    
暗いガマの中、集団自決で死んでいった人々がいる
   
自分の子どもを、自分の手で殺すしかなかった親がいる
     
 
ぼくの心に深くささった映像がある
      
追い込まれたガケの上から、母が子を海へなげ、そして自らも海へ身を投げた
   
涙があふれて止まらなかった、ただただ泣いた・・・
     
      
あの戦争から【72年】が過ぎた
   
しかし、沖縄戦は今も終わってはいない
    
今も、広大な米軍基地残り
   
この国の政府は、新たな基地を創るために
   
【この瞬間も】
    
島人が先祖から受け継いだ、大切な海や森を壊し
   
人を殺すための基地を、また創ろうとしている
      
   
どうかもうこれ以上
   
大切なイノチの海を埋めないでください
    
森をこわさないでください
   
基地があるかぎり、沖縄戦は終わらない
       
   
もう一度言おう
   
【基地があるかぎり、沖縄戦は終わらない】
  
      
平和のために、命を落としていったたくさんの先祖たち     
   
戦争で亡くなった多くの御霊を思い、平和の願いを三線に込めて
    
今日も、ぼくは唄う
    
    
  
命どぅ宝(ヌチドゥタカラ)=いのちこそ宝である
   
   
ここに、また誓う
  
沖縄からすべての米軍基地がなくなるまで
       
ぼくは唄い続けていく
        
    
人を殺すための軍隊の基地がなくなった沖縄で
      
必ずやる
    
世界中の民族と共に、お祭りをする
    
おじーやおばーの魂と共に、カチャーシーを踊る
    
さあ世界へ届けに行こう!
  
『琉球の風』     
  
      
2017年6月23日

  南ぬ風人まーちゃんうーぽー
   
  
ーーーーーーーーー 
   
    
※写真は、1995年
   
ぼくが、唄を唄いだした年のノートです
     
あれから22年もたったのに  
   
何も変えることが出来ない悔しさで胸がいっぱいです!
      
でも、あきらめません!
       
たとえ笑われても、何を言われても
   
ぼくは、祭りで世界を変えて行きます!
   
愛する仲間たちと共にやるのです
    
すべての戦争を、お祭りに変えて行くのです!
    
    
  
♪唄って踊って平和をつかめ♪
   
♪戦争をお祭りに♪     
   
へい!へい!ほーーー!
  
     

◆『琉球の風』byまーちゃんバンドのライブ映像♪



   
  
こっちはCD音源
    
◆『琉球の風』南ぬ風人まーちゃんうーぽー

https://youtu.be/V70r-ZNZ5Z0

    

    
   
★☆★☆★☆★☆★☆

『琉球の風』

島の唄 島の心 三線に思い込めて
   この空がいつまでも 青くありますように

島の風 島の光 太鼓に祈り込めて
   この海がどこまでも 青くありますように


1、忘れてはならないことがある
       おじーはサンゴの海の下で

  どれだけの月日がながれたの
       おばーは今日もフェンスの前で
     祈りつづけ 島を守る
 
命どぅ宝 わしんなよー
   島の心  つないでゆけ

太鼓三線 弾き鳴らせ
   世界へ届け  琉球の風

ヒーヤーユイサー(ユイサー)、ユイサー(ユイサー)
ヒヤユイサー(ユイサー)、ユイサー(ユイサー)
  島の心  つないでゆけー
   
ヒーヤーユイサー(ユイサー)、ユイサー(ユイサー)
ヒヤユイサー(ユイサー)、ユイサー(ユイサー)
  世界へ届け  琉球の風
    世界へ届け  琉球の風
   
    
2、おじーが残してくれた、この時代
     ぼくたちは、希望を信じてゆこう
 
  おばーの涙を忘れない
      どんな武器や爆弾でさえも
   人の心だけは燃やせない
  
  
★☆★☆★☆★☆★☆
    
   
     
   
この琉球の風を、
   
1万人の三線と、1万人の太鼓の踊りで届けたい!